育毛剤を使用する前に絶対に知っておいて欲しい3つのポイント

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤には医薬品と医薬部外品とがあり、医薬品というのは医薬部外品よりも効果が期待できるのですが副作用のリスクもあります。

医薬品には医師の処方によるモノと、市販されているモノとがありますがこれも薬剤法により3段階に分けて分類されています。

効果とリスクが強いモノから第一種医薬品、第二種医薬品、第三種医薬品とがあります。育毛剤の場合は育毛の治療の為に作られた医薬品はとても少なく育毛剤の多くが医薬部外品と言えます。

医薬部外品は育毛治療というより抜け毛の予防の為の商品と言うことが出来ます。なので育毛剤を購入する際には医薬品か医薬部外品かどうかを確認した上で選ぶようにして下さい。

育毛剤を使用して起こる初期脱毛とは

薄毛の対策の為に育毛剤を使用したら抜け毛が増加したといった口コミも少なくありません。そして抜け毛が増えたのを育毛剤のせいだと考えて使用するのを止めてしまう人が少なくないのです。

ですがその脱毛は髪の毛が生える兆候と考えることが出来ます。その訳は育毛剤を使い始めてすぐに初期脱毛と呼ばれる髪の毛が抜ける時期があるからです。

育毛剤の副作用と勘違いされることもありますが、初期脱毛は副作用ではなく育毛剤が髪の毛の成長を促している証拠と言うことが出来ます。

薄毛の人の大半が男性ホルモンの過剰分泌が原因で起こるAGAで、そのAGA初期脱毛として治療薬のミノキシジル成分を挙げることが出来ます。

初期脱毛は育毛剤を使用し髪の毛のサイクルを正常化する際に起こる薄毛改善のメカニズムです。なので頭皮の荒れ等の症状で抜け毛が増えているのでなければしばらく様子を見ることをお勧めします。

育毛剤は半年使用した上で効果を判断しよう

育毛剤を使って1ヶ月程で効果を実感できたなんて人もいるようですが多くの人は発毛サイクル、頭皮環境が整うのにある程度の時間が必要です。

人により個人差がありますが育毛剤を使用してから最も効果が出やすい時期が、使用してから3ヶ月から4ヶ月程と言えます。

さらに髪が頭皮の中で成長し表面に出てくるまでにひと月ほどかかるので、育毛剤は少なくとも半年は継続して使用した上で効果を判断するようにして下さい。

その為定期コース等を利用することをお勧めしますし、あまり高額な商品は続けるのに経済的な負担が大きいので育毛剤は無理なく購入することが出来る価格帯の商品を選ぶようにしましょう。

育毛剤効果をお得に実感する方法→ルプルプの効果と口コミ

後学の為に見ておきたい育毛剤選びの失敗談

育毛剤に手を出して育毛を始めたは良いけれど、思うような効果が出ずに途中だけど辞めた人もよく見かけます。

そんな人達の特徴を調べてみるとどうやら下調べ不足だったり相性が悪かったりと使う側に非がある例もよく見かけました。
そんな一例がこちらになります。

1:育毛剤にもタイプは有る

育毛剤と言ってもタイプが有るのはご存知でしょうか?

男性ホルモン抑制タイプ
毛根への血行改善タイプ
毛母細胞の活性化タイプ
頭皮保湿タイプ等

数多くのタイプが育毛剤にはあります。その為使う前には自分の髪や頭皮の状態を事前に把握してから使う必要があるのですがそうとは知らずに育毛剤だからと目についたのから手を出して使用するも効果なし…なんて事もあり得ます。

2:高い事が良い事ばかりとは限らない

1万円台の高いが高性能の育毛剤を買ったは良いものの直ぐには髪が生えてこず髪を生やすために何本も書ったが効果は出ずに結果だけ見れば無駄金に終わる人もいます。

先に説明しましたが同じ育毛剤でもタイプが有り自分の髪のタイプとあっていなければ例えお金はあって買い続ける事が出来たとしても肝心の髪の育毛は期待薄、金の無駄になるでしょう…

3:育毛は根気との勝負

育毛剤をつければ後は髪の毛が生えてくるなんて物ではありません。それで毛が生えるなら全国の薄毛やハゲで悩んでいる人は現れないでしょう。

あくまで育毛の「手助け」をする物であり育毛へ繋げるなら毎日付け続けなければいけません。

最低でも半年以上は使用し続けないと目に見える効果は確認出来ません。地道な作業が身を結ぶ事をお忘れなく。

4:日頃の生活態度の方に問題があった

幾ら育毛剤かけても駄目なのは相性以外にも自分の生活態度の方に問題ありな例もあります。

暴飲暴食にストレスの貯め過ぎは体にも髪にも良くないですが疎かにしてはいけないのが「睡眠時間」。

育毛に一役買う毛母細胞が一番活発に活動する時間帯は夜22時~深夜2時。その間に睡眠を取りつつ7~8時間の睡眠時間を取っていれば髪にも体にもベストです。

5:頭皮ケアもやっていますか?

絶対必須ではない物の有ると無いでは大違いなのが頭皮ケア。特に髪でお悩みならば極力取り入れた方が良いでしょう。

ケア方法はいろいろありますが一番簡単なやり方だと頭頂部に頭皮を引っ張り上げるように指の真ん中(爪先では頭皮に傷が付く恐れがある)で揉みつつ動かすのがオススメです。

これだけでも頭皮への血行改善に繋がり育毛促進に繋げる事が出来ます。

6:毛根が…

一番最悪な例と言っても過言ではないのが毛根が死んでいて毛がもう生え状態だった人。

大抵は毛が生えなくなっていても毛根は死んでおらず休眠状態で刺激を与えれば育毛へと復活出来る要素は残っているのですが死んでいるのであればご愁傷様としか言いようがありません…

今回は以上となります。育毛剤は育毛の万能薬ではなく育毛するには自分自身も髪に対して態度を改めないといけませんね。

育毛剤や育毛シャンプーでお悩みなら必見!【育毛シャンプー効果.com