飲みすぎるとミネラルやたんぱく質不足に!?青汁のデメリット

青汁には副作用はあるのか、と気になる方もいらっしゃるかと思います。青汁は健康にいい飲み物ですが、反面、デメリットもあるのではないかと勘ぐってしまうのは、当然のことと言えるかもしれません。

それでは、青汁を飲むことのデメリットとは何か、ご紹介したいと思います。

青汁に副作用はない?

青汁 副作用
副作用というのは、薬の副次的な作用のことです。薬にはその病気に有効な「作用」と、人体に悪影響を及ぼす場合もある「副作用」とがあるわけですね。

たとえばこの薬はあなたの風邪を治すのに役立ちますが、その代わりちょっと眠気が来るかもしれません、といった場合、薬効によって「眠気が来ること」、これが副作用であるわけです。

青汁は薬ではないので、作用も副作用もありません。青汁を飲むことは、野菜を食べるのとほとんど同じことと言っていいのです。

ただし、飲み過ぎには注意したほうがよいでしょう。何事も、やりすぎはよくないのです。たとえばサプリメントを大量摂取したときに健康が損なわれることがあるように、青汁を飲みすぎた場合にも、何かしらの体調不良が引き起こされる可能性があります。

しかしそれはあくまでも飲みすぎた場合であって、1日2、3杯の目安を守っていれば、青汁によって健康が損なわれることはありません。あとはその人の体質や食生活の問題でしょう。

青汁と副作用に関しては、https://aojiroot-healthy.com/で詳しく解説しています。

ビタミンの摂りすぎに注意しよう!

青汁を飲むときには、いくつか注意すべきことがあります。まずひとつは、体質や病気のことです。アレルギーを持っている人や、今現在なにかの病気に罹っている人は、青汁を飲むと体調不良や病状の悪化が引き起こされる可能性があります。

飲もうとしているその青汁にアレルギー物質が含まれていないか、今服用している薬の働きを弱める成分が含まれていないか、事前にしっかりと確認しましょう。もし自分でわからなければ、かかりつけのお医者さんに訊いてみてくださいね。

次に、ビタミンの摂りすぎ。これにも注意しなければなりません。青汁には多くの栄養素が含まれていて、それが健康にいいわけですけれども、ある栄養素を「摂りすぎ」の状態になってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

ビタミンの過剰症を引き起こすのは「脂溶性」のビタミンであり、これは肝臓に蓄積されて人体にさまざまな悪影響を及ぼします。

青汁に含まれる栄養素は脂溶性でないため、これ単体で過剰症を引き起こすことは基本的にはないのですが、サプリメント等と同じように、あるビタミンを人為的に加えた青汁もありますので、そういったものを飲用する際には、飲みすぎに十分に注意してください。

また、ビタミンとは違いますが、飲みすぎは「食物繊維の摂りすぎ」にもなります。食物繊維は便通の改善に効きますが、ミネラルやたんぱく質をも一緒に排出してしまうという側面もあります。食物繊維を摂りすぎると、ミネラルやたんぱく質の欠乏状態に陥ってしまう可能性があるのです。

健康のために青汁を飲んで、健康を失ってしまっては意味がありません。1日の目安量を守って、飲みすぎには注意して続けていきましょう。

こうすればおいしく飲み飲める!お勧めの青汁の飲み方3選!!

青汁 飲み方
食物繊維やビタミンを豊富に含んでいる青汁。飲めば美容にいいのはわかっているのですが、あの独特な苦みが苦手、という人は多いのではないでしょうか。私も最初に青汁を試した時は、苦みに耐えられず、3日ほど飲んでやめてしまった経験があります。

しかし、青汁も工夫をすれば、苦みを抑えて飲みやすくすることができます。そこで、実際に私が試した青汁のお勧めの飲み方を紹介します!

1.牛乳と混ぜる!

これは定番中の定番ですね!私は、こうすることで少しずつ青汁に慣れていくようにしました。そして、牛乳と混ぜる際の1番のポイントは、”濃い”牛乳と混ぜるということです!”濃厚”とか”北海道”という言葉が入っている牛乳だと味がしっかりとしているので、青汁の苦みを消してくれます。

逆に、”低脂肪”、”後味すっきり”などと書かれている牛乳だと、少し水っぽいものが多いので、青汁の苦みが勝ってしまい、あまり飲みやすくなりません。

2.ヨーグルトスムージーにする!

私がよくやっていたのがこの方法です。粉末の青汁を買ってきて、ヨーグルトと、バナナやリンゴ、パイナップルなど好きなフルーツを1つか2つ選んで、ミキサーにかけてしまいます。そうすると、青汁入りのヨーグルトスムージーができるのですが、ヨーグルトの甘みが青汁の苦さを消してくれるのです!そして、フルーツの味もするので、さらに青汁の存在感が消えます!見た目は緑ではありますが、実際に飲んでみるとそこまで青汁の味はしなくなるので、とても飲みやすくなります。

ヨーグルトは加糖のものを使うのがよりお勧めです!

3.野菜スープに入れる

最後のおすすめの方法は、野菜スープに入れてしまうことです。ニンジンや白菜、もやしやピーマンなど好きな野菜を切ってコンソメや、鶏がらスープで味付けをします。そこに青汁を入れてしまうのです。そうすると、青汁の苦みにそこまでの抵抗を感じることなく飲むことができます。もしも苦みをもっと消したいなどというときは、しょうゆやトマトソースを加えたりなど、スープ自体の味を濃くすることでごまかすことができます。

いかがでしたでしょうか?苦みが強い青汁ですが、少し工夫をすればいくらでもごまかすことができます。私は上記の方法で、抵抗なく青汁を飲めるようになったので、ぜひ試してみてくださいね!

青汁と一生付き合うモチベーション

青汁を美容のために飲むぞというモチベーションの人たちも最近では結構多くいらっしゃるようです。でもそのような人たちがみなさん美しくなることが出来るかといえばちょっと言い過ぎではないでしょうか。ずっと、青汁がいいと言われて、何年も飲み続けているという人たちは、青汁にきっと冷ややかなまなざしで見ているのかもしれませんが。

でも、青汁には、身体に良いと言われている野菜が一杯含まれているはずなのです。青汁って、成分をしっかりチェックすれば、いいに決まっているとみなさんだって判断するはずです。

青汁に期待していること

みなさん、それぞれが青汁に対して、いろいろな期待をしているのかもしれません。青汁には、便秘改善、ダイエット効果・免疫力のアップ・生活習慣病やガンの予防・血流をよくする・コレステロール値を低減する・肌荒れの改善 などの効果をすべて期待することが出来てしまうのです。まさにそのまま鵜呑みにすれば、青汁ってパーフェクトな食品です。しかし、パーフェクトな体験をした人たちって、どの程度いるのでしょうかね。

青汁を飲んで、本当に青汁様々と思っている人たちって、ごくごく少数だと思うのです。それは、やっぱり、青汁という存在が、薬ではなく、食品に過ぎないということなのです。

青汁が効果を期待出来ない理由

青汁は、つまり野菜を加工して粉末状にした食品に過ぎない訳です。明確に効果を期待したいという意味合いでは、私達は、薬という存在を頼るべきです。青汁は肌にいいと言われても、すぐお肌がツルツルになる訳では絶対にありませんし。あまりにも私達が期待してしまうことで、その時青汁って別に大したことないと言ってしまうかもしれません。がっかりするの事実でしょう。

実際に、そのとき、健康にも美人にもなった感じがしない訳ですから。しかし、そのような人たちもモチベーションがそもそも違っていると言えば違うのです。

青汁は食品であり薬でもない

青汁は、食品であり、薬でもない訳ですし。肌の細胞は約28日で生まれ変わるとも言われています。骨の細胞は約90日です。そのような日数に従えば、私達は、それを待っていなければならないです。しかし、そういえば、 28日待てばいいんでしょという思いになってしまうかもしれませんが、そういうものでもないのです。

ここで言いたいのは、青汁の効果を本当に期待したいのなら、相当長い期間飲み続ける必要があり、その時、まだ期待出来る効果が見えないのかもしれません。ならば、青汁を信じているのならまだ更に飲み続けましょうということです。そして、効果が期待出来た人たちも、青汁を中止することなく飲み続ける必要があり、つまり私達は、青汁と一生つきあって行きましょうという覚悟のもと選択をしなければならないものと考えることが出来ます。

果たしてそのようなモチベーションってみなさんおもちでしょうか。薬ならストレートに効果を期待出来るかもしれません。しかし、薬という場合、副作用の問題も心配しなければなりませんし、一生つきあうモチベーションなんてほとんど無理です。青汁と一生つきあっていくモチベーションということなら、もっと違ういいモノって見つけることが出来るかもしれません。ということで、みなさんは、インターネットショッピングサイトや、ドラッグストアをあたり構わず調査をすることになります。しかしですね、そのような人たちがしっかりあたりを見回して調査をした結果、やっぱり青汁に辿り着くというのが流れのような気がします。

青汁は完全ではないかもしれません。しかし、一生つきあうモチベーションなら、やっぱり青汁が一番ふさわしく、青汁なら将来きっといいことがあるはずだと期待したいのです。