葬儀の際の写真撮影はOKなのか

葬儀の写真撮影
SNSやスマートフォンの普及により、誰でも簡単に写真撮影が楽しめるようになりました。そこで微妙な問題となってくるのは、お葬式での写真撮影についてです。

故人との最後の別れを写真に収める行為の是非について考えていきましょう。

写真撮影自体は絶対禁止ではない

ご葬儀や納棺の儀を写真に収める行為は、必ずしもダメだという訳ではありません。常識は変わっていくものです。

一昔前では考えられなかったような行為でも、時代が変われば容認されることもあります。場合によっては、最後のお別れをする前に納棺されているご遺体を写真に収めることもあります。

私の親戚の葬儀では、出棺する直前に葬儀社と遺族の方から最後に写真を撮る方は今のうちにとアナウンスがありました。

もちろん地域の風習などもあるので一概に大丈夫だとは言えませんが、お葬式の写真をとること自体が厳しく禁止されている訳ではありません。

写真撮影の際に気を付けたいこと

とはいえ、未だにご葬儀の最中に写真を撮ることにを快く思われない方がいることも事実です。勝手に写真を撮るのはトラブルの基になります。

喪主の方の許可でもない限りは、写真は撮らない方がよいでしょう。写真を撮るタイミングにしても注意が必要です。

例えば、お葬式の際に誰かがスピーチをしているときにバシャバシャと写真撮影ををするのは失礼に値します。

写真を撮ってよい雰囲気なのか判断がつかなければ、わざわざ撮影はしないほうが無難だと考えられます。

SNSにアップはやめましょう

写真撮影が許可されたからと言ってそれをSNSにアップするような行為は避けましょう。撮影とアップは別物、アップまでいってしまうとマナー違反のそしりは免れません。

一度写真が拡散されてしまえば、半永久的にネット上に記録が残ってしまいます。場合によっては、そうした写真や情報をいたずら目的で悪用されてしまうこともあります。

ご遺族や故人が大きな迷惑を被る恐れもあります。写真を撮ったとしても、それはあくまで個人用として残すものだと思っていてください。

アナウンスがないなら写真は撮らない

大抵の場合、喪主の方が写真撮影OKと考えるならその意向が会場にアナウンスされます。写真撮影はそうしたアナウンスを聞いて許可された時だけするようおすすめします。

マナーの範囲は人それぞれ、こちらではOKだったこともあちらではNGだということも珍しくありませんよね。

無用なトラブルを避けるためにも、写真撮影は基本的に許可がおりた場合だけだと考えておきましょう。

葬儀のノウハウまとめ【【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較