育毛剤を使用する前に絶対に知っておいて欲しい3つのポイント

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤には医薬品と医薬部外品とがあり、医薬品というのは医薬部外品よりも効果が期待できるのですが副作用のリスクもあります。

医薬品には医師の処方によるモノと、市販されているモノとがありますがこれも薬剤法により3段階に分けて分類されています。

効果とリスクが強いモノから第一種医薬品、第二種医薬品、第三種医薬品とがあります。育毛剤の場合は育毛の治療の為に作られた医薬品はとても少なく育毛剤の多くが医薬部外品と言えます。

医薬部外品は育毛治療というより抜け毛の予防の為の商品と言うことが出来ます。なので育毛剤を購入する際には医薬品か医薬部外品かどうかを確認した上で選ぶようにして下さい。

育毛剤を使用して起こる初期脱毛とは

薄毛の対策の為に育毛剤を使用したら抜け毛が増加したといった口コミも少なくありません。そして抜け毛が増えたのを育毛剤のせいだと考えて使用するのを止めてしまう人が少なくないのです。

ですがその脱毛は髪の毛が生える兆候と考えることが出来ます。その訳は育毛剤を使い始めてすぐに初期脱毛と呼ばれる髪の毛が抜ける時期があるからです。

育毛剤の副作用と勘違いされることもありますが、初期脱毛は副作用ではなく育毛剤が髪の毛の成長を促している証拠と言うことが出来ます。

薄毛の人の大半が男性ホルモンの過剰分泌が原因で起こるAGAで、そのAGA初期脱毛として治療薬のミノキシジル成分を挙げることが出来ます。

初期脱毛は育毛剤を使用し髪の毛のサイクルを正常化する際に起こる薄毛改善のメカニズムです。なので頭皮の荒れ等の症状で抜け毛が増えているのでなければしばらく様子を見ることをお勧めします。

育毛剤は半年使用した上で効果を判断しよう

育毛剤を使って1ヶ月程で効果を実感できたなんて人もいるようですが多くの人は発毛サイクル、頭皮環境が整うのにある程度の時間が必要です。

人により個人差がありますが育毛剤を使用してから最も効果が出やすい時期が、使用してから3ヶ月から4ヶ月程と言えます。

さらに髪が頭皮の中で成長し表面に出てくるまでにひと月ほどかかるので、育毛剤は少なくとも半年は継続して使用した上で効果を判断するようにして下さい。

その為定期コース等を利用することをお勧めしますし、あまり高額な商品は続けるのに経済的な負担が大きいので育毛剤は無理なく購入することが出来る価格帯の商品を選ぶようにしましょう。

育毛剤効果をお得に実感する方法→ルプルプの効果と口コミ